[PR]

 大学闘争が激しかった半世紀前の討論会を伝えるドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」が好調だ。この政治の季節に鉄道自殺した女子学生の手記『二十歳(にじゅっさい)の原点』も当時の若者の心をとらえ、ベストセラーになった。映画が理想をめぐる言葉の応酬なら、手記は言葉による生への格闘。そこにつづられた全共闘運動や愛、孤独をめぐる「生きづらさ」は、いまも若者の魂をゆさぶり、彼女と同じ「団塊の世代」の心に青春の火をともす。

拡大する写真・図版高野悦子

  私は慣らされる人間ではなく、創造する人間になりたい――

 そんな理想を、高野悦子は『二十歳の原点』で思い描く。1969年6月24日に20歳で亡くなった立命館大3回生のこの「心の記録」を、朗読家の春日玲さんは毎年、彼女の命日前後に、東京都内の三つの喫茶店で読み上げる。

 高野は「『独りであること』、『未熟であること』、これが私の二十歳の原点である」と日記につづった。そこには、学生運動への戸惑い、愛の苦悩、孤独といった生きづらさや、自らへの問いかけ、願いの言葉が記されている。それを春日さんは、声と体で表現する。身長152センチの高野とほぼ同じ背丈の春日さんに、高野の姿を重ねるのか、若者と団塊の世代を中心にした約30人の聴衆からすすり泣きが漏れる。

 朗読を始めて15年。聴いた人は「真っすぐな生き方だ」「理想が高い」「生きる支えになる」という感想を残す。「ぼくの分身であるように思います」という感想もあった。

拡大する写真・図版『二十歳の原点』を朗読する春日玲さん=東京都内(春日さん提供)

 春日さんは言う。「読み継がれる本には、希望が含まれています。この本に救われたという人がいます。希望とは何かを考えてもらっています」

記事の後半で、作家の関川夏央さんが「二十歳の原点」について語ります。刊行の約20年後にこの本の評論を著しましたが、刊行当時は書店で手に取ったものの、いたましくて平台に戻したといいます。

おとなしく真面目そうな姿

 『二十歳の原点』は、高野の死…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら