[PR]

 ひきこもり支援をうたいながら、当事者を自宅から無理やり連れ出して軟禁しているなどとして問題になっている「引き出し業者」。少なくとも3件の訴訟を起こされている会社「クリアアンサー」(東京都新宿区)と関連会社が昨年12月に破産したと原告弁護団が30日、会見で明らかにした。民事責任を追及できなくなるといい、「国は業者の実態を把握し、悪質な業者を取り締まる法規制をしてほしい」と訴えた。

 クリア社は、ひきこもりの人を支援する「あけぼのばし自立研修センター」を運営している。

 弁護団によると、同社側は子どもの引きこもりに悩む親などと半年当たり700万~900万円程度で契約。借り上げたマンションに住まわせ、就職支援などをする内容だった。だが、実際には無理やり連れ出され、携帯電話や身分証明証を取り上げられてマンションに軟禁されたなどとして、当事者らが昨年、損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしていた。

 原告弁護団は都内で開いた会見で、この日あった債権者集会に参加したと説明。同社の破産管財人は「昨年からの『逆風』で売り上げが減少した」と破産の理由を話したという。

 弁護団は「民事裁判が佳境に入…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら