[PR]

 受動喫煙の防止をめざす改正健康増進法が4月1日から全面施行される。自宅やホテルの客室などを除く全ての施設で原則、屋内禁煙となる。これまでたばこが吸えた飲食店も禁煙に踏み切るところが増え、愛煙家の憩いの場所が減ることになる。新型コロナウイルスの感染拡大もあり、店側にも影響を与えそうだ。

 広島市内のビルの一室で23日、県美容業生活衛生同業組合の会合が開かれ、県の担当者が変更点や罰則を説明した。「美容室に喫煙室を作るスペースはない。外に灰皿を置いても良いのか」。参加者から質問が飛ぶと、県側は「屋外に規制はない。外でも煙の流れには配慮を」と答えた。

 改正法は一部施行され、昨年7月には学校や病院などで敷地内禁煙が始まった。今回は飲食店、理容店、事務所、工場などが対象で、喫煙を主目的とするバーやたばこ販売店といった一部を除き、屋内は基本的に禁煙となる。違反すれば最大50万円以下の過料がある。

 ただ例外的に、「20歳未満の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら