入浴剤「鈴木」が話題 一族の発祥地にある会社が商品化

有料会員記事

藤野隆晃
[PR]

 鈴木さんへ。鈴木さんから。はたまた鈴木さんではない人でも――。和歌山県内の企業がある入浴剤を販売し、話題になっている。その名も「薬用入浴剤 鈴木」。全国的に有名な名字が商品名になった背景には、地元へ貢献したいという企業の思いがあった。

 販売しているのは、入浴剤や蚊取り線香などを作る「紀陽除虫菊」(海南市)。明治後期の1910年創業の老舗だ。

 風変わりな名前の入浴剤を販売しているのは、同社の所在地に理由がある。市内の藤白神社の境内には「鈴木姓」のルーツとされる鈴木屋敷がある。上皇や法皇の熊野詣でが盛んになった平安時代、案内役を務めるために鈴木一族が移り住んだ。一族はその後、熊野信仰を広めるために全国へと散らばったとされている。

 鈴木屋敷は70年以上前から…

この記事は有料会員記事です。残り651文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら