[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い小売店の閉鎖が続くドイツで、世界的なスポーツ用品メーカーのアディダスが国内店舗の家賃の支払いを止める意向を示した。政府が導入した緊急支援策を利用するものだが、大企業の利用に非難が殺到。アディダス側は「家賃を払わないわけではない」と釈明に追われた。

 アディダスは27日、独DPA通信に対し「閉鎖を強いられている店舗の家賃支払いを一時、止める。大家とは密に連絡を取っている」と述べた。

 これに対し、ショルツ財務相は独メディアに「大企業が家賃の支払いを止めることに、いら立ちを覚える」。ランブレヒト法相は「卑劣で受け入れがたい」などと強く反発した。

 ドイツでは、生活必需品を売る…

この記事は有料会員記事です。残り483文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り483文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り483文字有料会員になると続きをお読みいただけます。