新型コロナウイルスによる肺炎で急逝したタレントの志村けんさん。「アイーン」「変なおじさん」「バカ殿様」など世代を超えた笑いは、志村さんの類いまれなる先人研究から生まれたという。お笑い評論家で、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」の構成作家も務めた西条昇・江戸川大教授(55)が悼んだ。

子どもたちから生まれた名ぜりふ

 志村さんがまだ「ザ・ドリフターズ」の付き人だった時代のコンビ「マックボンボン」のステージを浅草の国際劇場で見ました。野球のコントで、ボケた相方に、手ではなく足でツッコミを入れた。かかと落としのような激しさだけど、相方にケガはさせない。当時小学生だった私は、その動きの良さに目を奪われました。

 テレビに出演する芸人さんの多くは、しゃべりの話芸で人を笑わせます。でも志村さんの笑いのポイントは動きです。人間が持つこっけいな部分を再現され、「酔っ払いはこうなるよな」「こんなおばあちゃんいるよな」と、普遍的なおかしさを演じられました。

 「8時だョ!全員集合」から生まれた名ぜりふは「志村~、後ろ!後ろ!」だと思います。

 これは志村さん本人でもドリフ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら