[PR]

 東京五輪の開幕が来年7月23日に決まった30日夜、JR東京駅前に設置されたカウントダウンクロックの残り日数が「479日」と再び表示された。

 五輪延期が決まった後はカウントダウンが止まり、現在の日付と時刻の表示に変わっていた。設置するオメガの担当者によると、この時は延期の発表を受けて本社のあるスイスから遠隔操作で表示を変更。開催日が決定され次第、再びカウントダウンを始める予定と話していた。