[PR]

 埼玉県越谷市は31日、独協医科大学埼玉医療センター(同市南越谷2丁目)勤務の20代の女性医師が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で確認された感染者は中国・武漢市からの帰国者も含め計90人となった。

 市によると、女性医師は2月23日から3月1日まで私的旅行でフィンランドとスウェーデンを訪問した。帰国後しばらく症状はなかったが、26日に37・8度の発熱、翌日熱が下がったが、28日から39度台の発熱が続いた。

 30日に同病院の外来を受診し、診察した医師から保健所に届け出があり、PCR検査を受けた。女性医師は、26日午後から28日まで同病院に勤務したほか、26日午前中は県内の別の医療機関でも外来勤務をしていた。

 同病院は県東部最大級の拠点病院。市は、濃厚接触者の把握や検査を進めている。