自粛要請に夜のママたち、涙 接待ゼロで「街が死ぬ」

有料会員記事新型コロナウイルス

後藤泰良、坂東慎一郎 市原研吾、辻健治
[PR]

 ナイトクラブやバーなど夜の接客業の利用は当面自粛を――。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、大阪府吉村洋文知事が3月31日、府民に呼びかけた。大阪の繁華街・キタやミナミの飲食店関係者は、今回の要請をどう受け止めたのか。

夏にはミナミの街は死んでしまう

 夜も多くの若者や観光客らでにぎわうミナミだが、今は人通りが目立って減っている。3月31日午後7時過ぎ、宗右衛門町にいた客引きの男性同士が「すっかすか」と声を交わしていた。串カツチェーン店前の行列も姿を消した。

 ラウンジを経営する男性(30)は客足が落ち、店に出てもらう女性従業員の数を減らしてしのいできた。今回の要請について「街を封鎖するでもなく中途半端。影響が長引けば、夏にはミナミの街は死んでしまう」といらだちを見せた。

 あるミニクラブは、昨年の同…

この記事は有料会員記事です。残り1050文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]