米ゼロックスがHPへの敵対買収断念 コロナで市場混乱

有料会員記事

ワシントン=江渕崇
[PR]

 米事務機器大手ゼロックスは3月31日、米パソコン・プリンター大手のHPに対する敵対的買収を取りやめると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大により、当初の条件で株式公開買い付け(TOB)を進めるのが難しくなった。ゼロックスは富士フイルムホールディングス(HD)との提携関係もほぼ解消しており、当面は単独での生き残りをはかる。

 ゼロックスは声明で「世界的な危機とそれによるマクロ経済と市場の混乱で、HP買収を継続できなくなった」とした。ゼロックスが推す候補者をHPの取締役に就かせる計画も断念する。

 ゼロックスは富士フイルムと…

この記事は有料会員記事です。残り349文字有料会員になると続きをお読みいただけます。