[PR]

 経済産業省が関西電力に出した業務改善命令に手続き上のミスがあった問題で、同省資源エネルギー庁の幹部らがミスを隠すために虚偽の公文書を作成していたことが明らかになった。担当職員による隠蔽(いんぺい)の提案に対して、上司の幹部2人が実行を指示したり、承認したりしていた。経産省が31日発表した。

 金品受領問題の調査結果を報告した関電に対し、経産省は16日に電気事業法に基づく業務改善命令を出した。だが、命令の前に法令上義務づけられている電力・ガス取引監視等委員会への意見聴取を忘れていた。

 経産省によると、電取委からの指摘を受けてミスに気づいた担当部署は同日、電取委への意見聴取を実施。正規の手続きを踏んだと装うため、担当職員は聴取の実施日を15日とすることを上司の課長級の管理職に提案した。課長級の管理職はこれを了承し、実行を指示。改善命令の決裁文書を「廃止」としたうえで、虚偽の日付の入った公文書を改めて決裁した。

 担当職員は課長級の上司の部長…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら