[PR]

 日本銀行が1日に発表した3月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、代表的な指数である大企業・製造業の業況判断指数(DI)が、前回の昨年12月調査から8ポイント悪化しマイナス8となった。今回の調査には3月11日までに約7割の企業が回答を済ませており、首都圏での新型コロナ感染者の急速な拡大や、東京五輪の延期の影響が完全に織り込まれているとは言いがたい。景況感の大幅な悪化が浮き彫りになったが、今後は実体経済に悪影響がどこまで波及するかが焦点になる。

 今回の短観では、大企業・製造業の20年度の設備投資計画が前年度比4・3%と、19年度の8・3%に比べて減った。毎年3月調査時点では企業の具体的な設備投資は固まっておらず、低水準になる傾向にある。今回の20年度の計画値は、10~18年度の3月時点の設備投資計画値の平均より高く、現状では堅調さを保っている形だが、新型コロナの影響がどこまで織り込まれているか不透明だ。日銀は「今後、下がる可能性があり、次回6月調査の結果と合わせて見ていく必要がある」としている。

 工場の操業停止や店舗の休業で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら