[PR]

 加藤勝信厚生労働相は1日の参院決算委員会で、新型コロナウイルスの感染者への対応について、入院を求めるだけでなく、軽症だったり、症状が出ていなかったりする場合は「宿舎」などへの滞在を求める考えを示した。「今後、陽性判定者が増加することを考えれば、軽症者、無症状者は別途の対応をする」と述べた。安倍晋三首相は病床不足対策をめぐり、「東京五輪が延期になり、警備のための警察官のための宿泊施設を使うことができるか、検討に入っている」と述べた。

 不足が懸念される人工呼吸器について、首相はメーカーに対し「さらに増産できるかどうかお願いしている」と説明。PCR検査をめぐっては、加藤氏は「能力があるから使うのではなく、検査が必要な人に検査が行われるのが基本だ。必要な検査が増えても対応できるようにしたい」と語った。

 立憲民主党の野田国義氏への答弁。