拡大する写真・図版アイリスオーヤマのグループ入社式。新入社員の机上には同社製のマスクが置かれた=宮城県角田市

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大によるマスク不足を受けて、生活用品大手アイリスオーヤマ(本社・仙台市)は6月から、角田工場(宮城県角田市)でマスク生産を始める。投資額は10億円で、毎月6千万枚の供給をめざす。

 同社は中国の大連と蘇州の2工場で24時間態勢で日本国内向けに毎月8千万枚を生産している。しかし、国内での品不足は長期化しており、角田工場での生産を決めた。国内市場に素早く供給できるほか、中国だけに依存していた生産拠点の分散化もはかる。「角田をマスク生産の中心地にする」(大山晃弘社長)としている。今夏以降は米国や韓国、フランスの工場でもマスクの生産を始める計画だ。

 1日に角田市であったグループ…

この記事は有料会員記事です。残り307文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り307文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り307文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら