社長から除菌スプレーを…職場で「コロナハラスメント」

有料会員記事

吉田貴司
[PR]

 職場で新型コロナウイルスへの感染を疑われてハラスメントを受けたという相談が、労働組合に寄せられつつある。中には「ばい菌」などと言われるなどのひどい言動も。相談担当者が「あぜんとした。『コロナハラスメント』が広がらないか心配だ」と警鐘を鳴らす、被害の実態とは。

新型コロナウイルスの感染拡大のあおりを受ける労働者やフリーランス(個人事業主)の方々の体験談や不安の声を集めています。朝日新聞労働チームまでメール( t-rodo@asahi.comメールする )でお送りください。

 労働組合の中央組織・連合が3月30、31の両日に実施した電話相談会には、解雇や内定取り消しといった雇用問題のほかに、ハラスメントに関する相談も寄せられた。

 あるパート女性は、週末に法…

この記事は有料会員記事です。残り728文字有料会員になると続きをお読みいただけます。