[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、来夏への延期が決まった東京オリンピック(五輪)。思いがけぬ1年の猶予を、どう生かすか。ついえたはずの希望がつながった選手もいる。

 「1年程度の延期」が決まった翌日の3月25日午後、女子ボクシングの津端ありさ(26)=西埼玉中央病院=は携帯電話を握りしめていた。「短いキャリアを埋める覚悟はありますか?」。日本ボクシング連盟からの意思確認に、「死ぬ気でがんばります」と興奮気味に答えた。

 171センチの長身に長い手足。高校までバスケットボールの選手だった。卒業後は看護学校に通い、5年前から看護師として働く。ストレス発散で飲み食いに明け暮れ、体重は高校時代から24キロ増の85キロに。減量のためボクシングジムの門をたたいたのが2018年9月のことだった。

 身体能力の高さを発揮してめき…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら