拡大する写真・図版「子どもノンフィクション文学賞」を受賞した前田海音さん=札幌市中央区

[PR]

 難病と闘う小学3年生が「第11回子どもノンフィクション文学賞」の小学生の部で大賞に輝いた。作品を書いたきっかけは、入院中に使っていたベッドの机の裏をのぞきこんで見つけた、手書きの言葉の数々だった。

「二平方メートルの世界で」

 受賞したのは、札幌市立伏見小3年(現・4年)の前田海音(みおん)さん(9)。幼少期から脳神経の病気がある。睡眠中に呼吸が止まることもあるといい、薬を毎日飲んで、年に数回、入院する。受賞作の「二平方メートルの世界で」では、ベッドの上で病気と向き合い、感じた思いを表現した。

 昨年5月、札幌市内の病院に入院していたときのことだった。前田さんは検査を待っているときに、たまたま頭と足の方向を逆さにしてベッドに横たわった。備え付けられた机の裏面が目に入った。そこには、たくさんの文字が書かれていた。

 「何でも食べられるようになり…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら