[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り政府の専門家会議が1日開かれた。都市部を中心に感染者が急増し、感染源が分からない患者が増えているとの認識を示した。そのうえで爆発的な患者の急増(オーバーシュート)に至っていない地域を新規患者数など一定の指標に基づいて3分類し、新規感染者や感染源がわからない感染者が大きく増えている地域を「感染拡大警戒地域」と位置づけた。

 この地域については、学校の一斉休校も選択肢として検討すべきだと、指摘した。

 会議後、西村康稔経済再生相は、患者数が急増している東京都について「感染が拡大している地域に当たる」との認識を示した。また、専門家会議の提言を踏まえて、文部科学省で学校再開に向けた指針の修正、改定が行われると述べた。