[PR]

 今年1月に始まったNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」。ネット上では日曜午後8時からの本放送を「本麒麟」、BSプレミアムの先行放送を「一番搾り」といった具合に、キリンビールの商品になぞらえた呼び方が広まっています。そんな中、キリングループは昨年2月から「聖獣麒麟」のロゴなどを積極的に使用しています。狙いについて担当者に聞きました。

 伝説上の生き物とされる麒麟。「王が仁のある政治を行う時に現れる」「地に脚を下ろさず、虫を踏まず、草を折らない」などとされています。

 そんな麒麟をタイトルに用いた大河ドラマが「麒麟がくる」です。

 ネット上では午後8時からの本放送が「本麒麟」、午後6時からのBSプレミアムは「一番搾り」、午前9時からのBS4Kは「一番搾りプレミアム」、再放送は「クラシックラガー」などと呼ばれています。

 麒麟が社名の由来となっているキリンビールのツイッターアカウントも、本放送前に「#本麒麟待機」を付けて自社商品「本麒麟」の画像を投稿するなど、このことを意識しているようです。

 麒麟に関連した取り組みはツイッターだけではありません。

 社員の名刺に使われていたロゴ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら