[PR]

 鳥取県倉吉市の関金温泉で漫画蔵書26万冊が楽しめる温泉宿泊施設として営業していた「グリーンスコーレせきがね」が3月末で閉館した。もとは市所有の国民宿舎で、2017年4月から旅館事業などを手がけるトラベルシリウス(本社・岡山県真庭市)が市から無償譲渡を受けて運営し、昨年4月には古本店舗を全国に展開する会社の協力で「まんが温泉」をキャッチフレーズにリニューアルしていた。

 倉吉市によると、トラベルシリウスから3月31日、新型コロナウイルスの影響による売り上げ減少のために同日をもって運営継続が不能になり、施設を閉館するとの連絡があった。無償譲渡契約では、17年4月の営業開始から10年以上にわたって営業を継続することなどの条件があった。市は、契約の義務違反に該当するとして4月1日付で同社に契約解除を通知し、施設の市への返還を求めた。また、契約の規定に基づいた違約金として1億5千万円の支払いを求めた。

 石田耕太郎市長は「残念なこと。倉吉にとって、関金にとって重要な施設なのできちっと確保して活用の方向を検討していきたい」と話した。(斉藤智子)