[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で多くの人が不安を抱える中、大分県内の官庁や企業でも1日、新年度が始まった。入社式や辞令交付式は厳戒態勢の中で行われ、それぞれが新たな門出を迎えた。

 県庁では、新しく局長や課長になった職員への辞令交付式があった。広瀬勝貞知事は部局長ら県幹部約20人を前に、「コロナウイルス感染症の拡大をどうやったら止められるか。長期戦になるので、経済活動をどう並行していけるか考える必要がある。大変なときだが、こういうときこそやりがいがある。個人の力、組織の結束で県民の信頼に応えてほしい」と訓示した。

 従来は2日に実施していた新規採用職員への知事の訓示式は、全国から集まる約150人が参加するため、感染リスクを考慮して中止された。

 多くの感染者が確認されている…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら