台湾が「マスク外交」で存在感狙う 米欧などへ1千万枚

[PR]

 新型コロナウイルス対策でマスクの増産に取り組む台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統は1日、米国や欧州など感染拡大が続く国々の医療関係者に、マスク1千万枚を贈ると表明した。世界保健機関(WHO)への参加が認められないなか、「マスク外交」を通じて台湾の国際社会での存在感をアピールする。

 緊急記者会見を開いた蔡氏は「台湾は防疫分野の世界的な連携に不可欠な存在だ」と語り、マスクのほか薬品などを提供する用意があるとした。マスクは米国に200万枚、イタリアスペイン、英国など欧州の国々に700万枚、台湾と外交関係を結ぶ国々に100万枚提供するという。

 台湾当局は1月から民間と連…

この記事は有料会員記事です。残り166文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]