【動画】河井克行前法相から現金を受け取った経緯について説明する広島県安芸太田町の小坂真治町長=松島研人、西晃奈撮影
[PR]

 河井案里参院議員が初当選した昨年7月の参院選をめぐり、広島県安芸太田町の小坂真治町長が参院選の公示前に、案里氏の夫の克行衆院議員から現金20万円入りの封筒を受け取ったと取材に証言した。広島地検は広島県内の首長や地方議員らを聴取し、票のとりまとめを依頼する目的で金銭の授受があったかどうかについて捜査しているとみられるが、小坂町長は聴取の有無については明らかにしていない。

 安芸太田町は、克行氏が選出された衆院広島3区内の自治体のひとつ。小坂町長の説明によると、案里氏が自民党の公認を得た後の昨年4月ごろ、克行氏が自宅を訪れ、「参院選で(うまく)票を分ければ(自民党の)2人が通る」などと話し、封筒を渡したという。小坂町長は中身は現金の可能性があると考え、受け取りを拒否。しかし押し問答の末に受け取り、中身を確認しないまま自宅で保管。返す機会をうかがっていたとしている。

 案里氏の参院選の選挙運動をめぐる一連の疑惑が明らかになったことを受け、小坂町長が先月28日ごろ、中身を確認すると現金20万円が入っていた。同30日に自身の政治団体への寄付として収支報告書への記載手続きを取ったと説明しているが、領収書は発行していないという。

 昨年の参院選広島選挙区(改選…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら