[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で大河ドラマと連続テレビ小説の収録を一時休止することを受けて、NHKは2日、「麒麟(きりん)がくる」主演の長谷川博己さんと「エール」主演の窪田正孝さんの談話を発表した。

 「エール」には3月29日に亡くなった志村けんさんが作曲家役で出演予定だった。NHKはこの日、収録済みの分についてはそのまま放送する予定で、今後代役などを立てるかについては「検討の段階」としている。

 2人の談話は以下の通り。

「麒麟がくる」主演の長谷川博己さん

 「今回の『麒麟がくる』の収録の見合わせは、感染拡大を防ぐためにも、やむを得ない判断だと思います。こうした判断や一人ひとりの行動が今の状況を良くしていくことにつながると信じています。感染された方々の回復とコロナウイルスの1日でも早い収束を心から願っています」

「エール」主演の窪田正孝さん

 「エールの撮影が見直しになりましたが、まず何より、志村さんとご一緒できないことが本当に残念でなりません。もう一度、志村さんの小山田先生に会いたかったです。心よりお悔やみ申し上げます。この先どうなっていくのかは正直わかりませんが、キャスト、スタッフみんなで本気でつくっている『エール』を最後まで完成させたいです。そして、皆さんの朝に最後まで『エール』を届けたいです。一人ひとりの思いやりの意識と行動が、必ず今の現状を打破すると信じています。自分も今はしっかり体調を整えておきたいと思います。一日も早く収束することを祈っています」 (宮田裕介)