[PR]

 新型コロナウイルスの感染が急速に蔓延(まんえん)した場合に出る緊急事態宣言をめぐり、安倍晋三首相は2日の衆院本会議で、外出の自粛要請やイベント開催制限の要請・指示に罰則規定を設けることに慎重姿勢を示した。「私権を制限するものであり、範囲を広げることや、罰則による強制力を強めることは慎重に検討することが必要だ」と述べた。

 緊急事態宣言を定める特別措置法では、医薬品やマスクの保管を命じたのに従わない場合などに罰則規定があるが、外出やイベントに関しては罰則はない。日本維新の会の浦野靖人氏が「罰則付きの命令規定を設け、強制力を持たせることが不可欠」と特措法改正を求めたのに対し、首相は答弁した。(三輪さち子)