[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イオンモールは2日、1都3県(神奈川、埼玉、千葉)にある25施設の専門店を4~5日、臨時休業にすると発表した。3月末の週末に続き2週連続の休業になる。生活必需品を扱う総合スーパーや食品スーパーは通常通り営業する。

 専門店の中にはすでに営業時間を短くしているテナントもあり、テナントにとっては賃料負担が重荷になっている。そのためイオンモールは全国の施設で3月と4月のテナント賃料を減額することも決めた。賃料を計算する際の最低保証売上高をなくし、売り上げが少なかった場合に賃料も少なくて済むようにする。

 百貨店では、大丸松坂屋百貨店が4~5日、大丸東京店(食品売り場を除く)と松坂屋上野店(いずれも東京)を臨時休業する。高島屋も4~5日、日本橋高島屋SC(ショッピングセンター)など1都2県(神奈川、千葉)にある5店舗を食品売り場を除いて臨時休業にする。そごう・西武も4~5日と11~12日、1都3県(神奈川、埼玉、千葉)にある8店舗を臨時休業にする。ただ西武東戸塚SC(神奈川)、西武所沢SC(埼玉)、そごう川口店(同)の3店舗については「地元のスーパー的に使われている」として、食品売り場のみ営業する。(中島嘉克)