[PR]

 県は2日、新型コロナウイルスの感染が1日に確認された和泊町在住の同町役場の20代男性職員の濃厚接触者を、新たに男女各6人の計12人確認したと発表した。職員は一部の行動歴を申告しておらず、職員の感染を知った立ち寄り先から保健所に連絡があり、判明した。

 三反園訓知事が2日に記者会見して発表した。県によると、新たに判明した濃厚接触者は、20~40代男性5人、10~30代女性3人のほか、年齢不詳の男性1人と女性3人。いずれも自覚症状はないという。このうちの7人と、1日に濃厚接触が確認された職員の親族3人に対するPCR検査を2日中にする予定。

 職員は和泊町出身で、町役場に就職するため、3月23日に大阪府から帰島。25~29日の島内での立ち寄り先が新たに確認された。25日に知人と海釣りをし、飲食店にも行っていた。26日夜に発熱やせきなどの症状が出て、27日午前に医療機関で受診したが、金融機関や飲食店、商店にも訪れた。28日も症状がある中で飲食店に行ったという。

 また、和泊町によると、職員は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら