[PR]

 赤目四十八滝(三重県名張市)の入山口に、地元の歴史や豊かな自然を紹介する「赤目自然歴史博物館」がオープンした。NPO法人「赤目四十八滝渓谷保勝会」が市の補助を受けて、運営するビジターセンターを改修し、展示室などを新設。世界発信も視野に入れる一方、開館記念の企画展「赤目に生きた忍者たち」が開幕し、郷土史ファンらに好評だ。

 伊賀の三大上忍の一つ「百地家」ゆかりの甲冑(かっちゅう)に鎖かたびら、まきびし、仕込み鉄砲――。2階の企画展会場には元市職員の上田勝さん(82)が集めた資料の一部46点が並ぶ。オープン初日の3月28日、上田さんは「散逸しないよう保存していた。間近に見てもらえれば」と話した。忍者が活躍した時代の生活用品も展示。先人の生き様をかいま見ることができる。

 会期は6月14日まで。博物館は上田さんが集めた資料約450点を預かり、順次公開していくという。

 また、1階の常設展示では、赤…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら