[PR]

 三重県は3日、桑名市在住の40代の無職女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。すでに感染が判明している北京五輪銀メダリストの塚原直貴さんが講師を務めた陸上講習会の前夜にあった懇親会に出席していたという。県内での感染確認は13人目で、講習会の関係者からは初めてとなる。

 講習会は三重県鈴鹿市内で3月28日にあり、県によると27日の懇親会には塚原さんを含む関係者10人が参加していた。30日に塚原さんの感染が分かり、県が講習会の参加者らについて、順次PCR検査を実施していた。