【動画】太田智美さんとぺぱたん=諏訪和仁撮影

拡大する写真・図版ドラえもんとロボットたち(C)Fujiko-Pro

[PR]

 ロボットと人間はなかよく暮(く)らせるのかを考えてみました。学校の休みが続く中、小中学生のみんなも、いっしょに考えてみてね。

入院した時、ロボットに助けてもらったから 僕も将来は

拡大する写真・図版稲田晶斗さん

稲田晶斗さん(小学6年生) 

 ぼくは今、ロボット教室に通っています。これまでに十数台のロボットを作りました。色を見分けて進む方向を決める。ブロックをアームでつかみ、決められた所に置く。そんな動きをします。将来(しょうらい)は、困(こま)った人を助けるロボットを作りたいです。なぜなら病気になって、ロボットに助けてもらったからです。

 3年生のとき、腎臓(じんぞう)の病気になり、10カ月ほど、入院や退院(たいいん)をくり返しました。好きなサッカーができなくなり、学校の友達と会えないのでつまらなかったです。

 そのときに出会ったのが、分身…

この記事は有料会員記事です。残り3767文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り3767文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り3767文字有料会員になると続きをお読みいただけます。