拡大する写真・図版フィリピン海を3月18日に航行する米海軍の原子力空母セオドア・ルーズベルト。新型コロナウイルスの乗組員への感染が広がっている=ロイター

[PR]

 モドリー米海軍長官代行は2日、国防総省で会見し、新型コロナウイルスの感染が広がっている原子力空母セオドア・ルーズベルトのクロジャー艦長を解任したと発表した。緊急支援を要請する文書を米軍上層部以外の多数にも送り、米メディアを含む外部への流出につながったことを問題視した。

 モドリー氏は、艦長が機微な情報を含む文書を20~30人に同送していたと指摘。「かなり広範に送っており、情報が漏出しないように気をつけなかった。危機の最中に極めて稚拙な判断をし、混乱を引き起こした」と説明した。

 米領グアムに停泊中の同空母の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら