拡大する写真・図版葵わかな=2020年1月11日、大阪市北区、滝沢美穂子撮影

[PR]

 世界各地で上演されるミュージカル「アナスタシア」が3月、日本に初上陸した。ディズニーのアニメ映画に着想した作品で、俳優の葵わかな(21)が自らの手で人生を切りひらいていくプリンセス役に挑戦している。

 ロシア帝国皇帝の末娘アーニャは、幼くして家族と離ればなれになり、記憶を失ってしまう。家族を捜してパリ行きの旅を続けながら、最後には幸せをその手につかみ取る。

拡大する写真・図版ミュージカル「アナスタシア」で主演する俳優の葵わかな=2020年1月11日、大阪市北区、滝沢美穂子撮影

 「現代的な強い女性のアイコン」として描かれているアーニャだが、台本を読めば読むほど「特殊能力があるわけではない普通の女の子。強い信念があれば、誰でも主人公になれる」との思いも強くした。「自分を信じる強さを持っているところが素敵で憧れます。信じることで何かが変わっていくというのは、現実でも起こることだと思う」

 高校生のときに見た宝塚歌劇が、ミュージカルとの出会いだった。

 数年前まで「ミュージカルは客…

この記事は有料会員記事です。残り735文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り735文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り735文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!