[PR]

 NTTドコモなど携帯電話大手3社は3日、25歳以下の学生の通信料金を軽減する対策を導入する方針を固めた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、自宅学習をする機会が増えていることに対応する。スマートフォンの通信データが増えても料金の負担が増えないよう、4月中はデータ購入の追加料金を一部無償化する方針だ。

 総務省が同日、携帯電話各社に出す軽減要請を受けた措置。通常、契約するプランのデータ通信上限を超えると、通信速度が遅くなって動画の視聴が難しくなる。速度を速くするにはデータの追加購入が必要だが、3社は50ギガバイトを上限に、追加料金を支払わなくても速度制限なしにインターネットを使えるようにする見通しだ。感染拡大の状況によっては、無料期間の延長も検討する。