J1最小クラブ、社長の嘆き 減収必至、育成ストップ…

有料記事

藤木健
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、多くのプロスポーツが開催を見込めず、クラブの経営をむしばむ。親会社のない地方クラブならばなおさらだ。サッカーJ1で経営規模が最も小さい大分の榎徹社長に、地方クラブの現状を聞いた。

 J1は開幕節を終えて中断し、現在は5月以降の再開をめざす。大分はまだ今季のホーム試合を開催できておらず、練習も2月下旬から非公開のままだ。

 こうした現状も、榎社長は「多くの方の健康と引き換えに、試合はできない」と理解を訴える。そのうえで「リスクをゼロにはできないが、やるべきことをやり、みなさんの了解を得てはじめて、再開できる」という。たとえ再開にこぎつけても、「全然安心はできない。最初は戦々恐々、慎重な対応になるだろう」。

安心してスタジアムに…難しい

 サポーターも気がかりなのが、経営面だ。

 大分はJ2だった2018年…

この記事は有料記事です。残り878文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!