[PR]

 新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待される抗インフルエンザ薬「アビガン」(一般名ファビピラビル)の増産に向け、中堅化学メーカーのデンカ(東証1部上場)が5月から、アビガンの原料となる「マロン酸ジエチル」の生産を新潟県糸魚川市の工場で始めると発表した。

 マロン酸ジエチルは合成香料・農薬・医薬品などの原料に使われる有機化合物で、デンカは国内唯一のメーカー。マロン酸ジエチルの原料となるモノクロル酢酸も、デンカの関連会社が国内で唯一生産している。

 デンカは2017年4月までマロン酸ジエチルを生産していた。海外勢との競合激化で撤退したが、生産設備は残していた。国産原料を使ったアビガンの供給体制を国内で築きたいと政府から要請を受け、生産再開を決めた。

 「新型コロナウイルス感染症への対策を社会的責務と捉え、迅速に生産体制を構築し確実な供給を図っていく」としている。設備の再稼働に向け、従業員を他の製品の生産ラインから配置転換する。

 アビガンは富士フイルム子会社…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら