[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校で、子どもの学習が課題となる中、文部科学省は、小中学生がいる低所得者世帯のインターネット環境の整備を支援する方針を固めた。オンライン学習に役立ててもらう狙いだ。

 文科省によると、都道府県や市区町村の教育委員会が家庭にモバイルルーターを貸し出すなどする。毎月の通信費は補助対象外。子どもが学校で使っているノートパソコンやタブレット端末を家に持ち帰り、ネットでの学習を進めてもらうことが想定されている。

 対象世帯の具体的な条件などは自治体ごとに異なる可能性があるが、小中学生がいる全世帯の2割程度が対象になる見込みだ。文科省は整備に取り組む自治体への補助金100億円超を今年度補正予算案に盛り込む方針。(宮崎亮