[PR]

 富士フイルムは3日、新型コロナウイルスの感染を判定する「PCR検査」にかかる時間を90分ほど短くできる新たな検出キットを売り出すと発表した。各地の衛生研究所や民間検査機関などに向けて15日に発売する。

 子会社の富士フイルム和光純薬(大阪市)が開発した。PCR検査は、患者の鼻やのどの粘液などから採ったウイルスの遺伝子を取り出し、試薬と混ぜて検査装置にかけて、遺伝子を増やすことで感染の有無を判定する。結果がわかるまでに通常、4~6時間かかるとされている。

 今回発売する検出キットは、独自に開発した試薬を使うことで、遺伝子を増やす時間などを短縮した。さらに、同社と取引がある別の試薬開発会社が開発した検査キットと組み合わせることで、検査にかかる時間を合計2時間ほど短くできるという。

 PCR検査をめぐっては、新型…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら