[PR]

 政府が来週とりまとめる新型コロナウイルスの感染対策の補正予算案に、災害時に負傷者などを収容する「病院船」の建造に向けた調査費約7千万円を盛り込む方針を固めた。感染拡大を受け、超党派の議員連盟が建造を求めていた。

 病院船建造には、新たな感染症や大規模災害の発生時に、素早く十分な医療を提供できるようにする狙いがある。新型コロナ感染が急拡大している米国では、海軍の病院船が出動し、病床数が足りなくなった病院の負担をカバーしている。

 調査は内閣府のほか、厚生労働、防衛、国土交通の各省がそれぞれ実施。病院船を持つ外国の事例や、導入した場合に想定される運用方法などを調べる。