[PR]

 市内で新型コロナウイルスの感染者が確認された山形県米沢市と上山市は3日、いずれも小中学校の臨時休校について、春休み明けも継続することを決めた。学校再開の時期は米沢市が15日以降、上山市が16日とした。また新庄市も再開は20日をめどとした。

 米沢市教委によると、市内の小中学校では6~8日に始業式や入学式が予定されていた。3日の臨時教委では、県内1例目の感染者が確認されたことを受け、「感染拡大を最小限に抑えるため、できる限りの策を講じる」として、5人の委員の全員一致で14日までの休校を決めた。

 休校中、児童や生徒が家で過ごすのが不安な場合は、午前8時半から午後2時ごろまでは自習などで学校を利用できるようにする。それ以降は放課後児童クラブなどで過ごしてもらう。土屋宏教育長は「何よりも大切な子どもたちの命を守るため、しっかりと対策を取っていく」。

 県内2例目の感染例があった上…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら