[PR]

 立憲民主党の枝野幸男代表は3日の記者会見で、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言について、「出さない理由が私には理解できない。宣言するべきタイミングはもう越えているのではないか」と語った。

 枝野氏は宣言によって「国民生活に対して強制力をもって新たに何かができるものではない」としたうえで、「より多くの国民の皆さんに危機意識を持っていただくという意味では、大きな意義を持っている」と強調した。