[PR]

 同居する祖母(当時76)を暴行して死なせたとして、大阪府警は3日、府内の少年(15)を傷害致死容疑で送検し、発表した。3月15日に傷害容疑で逮捕しており、その後の捜査で暴行と死亡に因果関係が認められると判断し、容疑を切り替えたという。

 高槻署によると、少年は事件当時、公立中学校の3年生。容疑を認め、「卒業式に来るな、と言ったのに来たので暴行した」と供述しているという。

 送検容疑は3月13日午後3時から同15日午前5時ごろまでの間に、自宅で祖母の頭や顔を殴ったり、たたいたりして死なせたというもの。祖父母との3人暮らしだった。

 少年は15日午前5時ごろ、「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら