[PR]

 コロナビールを製造するメキシコのグルポ・モデロ社は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、コロナビールの生産を一時停止すると発表した。メキシコ政府は、必要不可欠でない産業は活動を延期すべきだと要請しており、同社が従った形だ。

 政府発表によると、2日までに1510人の感染を確認し、50人が死亡した。感染拡大を受け、政府は3月30日、保健非常事態を宣言。これに伴い、一部の州では酒類の販売が禁じられたり、販売時間が規制されたりした。ビール工場は操業停止を求められていた。

 同社が発表した声明によると、5日から生産を停止する予定。ビールの生産過程でできるアルコールを使った殺菌ジェル30万本を寄付するなど、新型コロナウイルス対策に貢献するとしている。

 コロナビールはメキシコを代表するビールブランド。ロイター通信によると、グルポ・モデロはメキシコ国内に11の醸造所を持ち、輸出先は180カ国・地域にのぼる。(サンパウロ=岡田玄)