米国のソウル歌手、ビル・ウィザースさんが、3月30日、心臓疾患の合併症のため、ロサンゼルスで死去した。81歳だった。米メディアが3日伝えた。困難な状況で支え合うことの大切さを歌った代表曲「リーン・オン・ミー」(1972年)は、新型コロナウイルスが流行する中で再び人気が高まっていた。

 ウェストバージニア州生まれ。71年のデビューアルバムに収録された「消えゆく太陽」や、サックス奏者グローバー・ワシントン・ジュニアさんと組んだヒット曲「クリスタルの恋人たち」が有名。グラミー賞を3回獲得し、2015年にロックの殿堂入りを果たした。(時事)