[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外出自粛要請があった東京や大阪の先週末の人出が、2週間前に比べて大幅に減っていたことが、携帯電話の位置情報を使った滞在人口分析調査でわかった。JR原宿駅周辺では半減し、JR大阪駅では3割減っていた。

 調査は、スマートフォンのアプリなどから得られる位置情報などのデータ解析をするソフトバンクの子会社「Agoop(アグープ)」(東京)が実施した。首都圏や関西の駅や観光地の半径500メートル内に滞在した1時間当たりの人数を推計。朝日新聞がこの調査をもとに、全国10都府県で自粛要請があった3月の28、29日と2週間前の14、15日の人出が最も多かった時間帯を比較した。

 その結果、原宿駅周辺の28、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら