[PR]

 この春、都心の歓楽街からにぎわいが消えた。新型コロナウイルスの感染拡大が続き、自治体のトップが次々と夜間営業の飲食店への出入り自粛を要請。このままでは、店を閉じるしかない――。閑散とした街で、多くの店が休業に追い込まれている。

 駅周辺に約2900軒の飲食店がひしめき合う東京・新橋。いつもなら、歓迎会に繰り出した会社員らが路上にあふれる時期だが、4月最初の金曜日となった3日夜、駅前のSL広場もひっそりとしていた。会社員の大野卓矢さん(48)も「会社から飲み会は禁止されているから、直帰です」と寂しそうに改札に向かった。

 駅近くにある創業53年のちゃんこ料理店「井筒」の店内も午後8時半の時点で、客は2人だけ。2代目店主の野村誠一郎さん(53)は「別の国に来たみたい」とこぼした。

 「収束するまで休業致します」(居酒屋)

 「感染拡大防止のため休業します」(バル)

 あちこちで、閉じたままのシャッターにそんなお知らせが貼られている。

拡大する写真・図版バーの従業員が店の前に臨時休業の貼り紙を貼っていた=2020年4月2日、東京・銀座

 駅から歩いて3分ほどのダイニングバー「NARUTO」の店主、中西弘一さん(66)も1日夜、店のドアに「感染症対策の為、しばらくの間休業させて頂きます」と貼り出した。「こんな状況だからしょうがない。誰を恨むってわけにもいかないでしょ」

 春の週末は普段なら、35席ある店内は満席だ。それが今年は、感染が広がり始めた2月半ばごろから少しずつ、客足が遠のいた。3月下旬になると、心配して様子を見にきてくれた顔なじみだけに。さらに小池百合子・東京都知事が3月末、夜間の外出を控えるよう呼びかけると、客はついにゼロになった。

拡大する写真・図版新型コロナウイルスの影響で休業したことを知らせる貼り紙=2020年4月1日、東京都港区新橋4丁目

 100人以上のパーティーのケータリングも急きょキャンセルになり、50万円以上の売り上げが吹き飛んだ。仕入れた食材はいまも、店に保管したままだ。

 3月の売り上げは、昨年と比べて8割ほど減。それでも、家賃やローンの返済、リース代などの固定費が毎月80万円ほどかかる。「もう、あきらめちゃった」。休業を決めた。

■銀座のクラブは9…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら