[PR]

 朝日新聞社は4日、東京本社(東京都中央区)に勤務する編集局の30代の女性記者が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 記者は3月28日朝、本社で勤務したが、においを感じないなどの症状があったため帰宅して、自宅療養した。31日に倦怠(けんたい)感があったため保健所と相談して4月1日にPCR検査を受け、4日に陽性と判明した。記者は主に内勤で仕事をしており、3月28日の前には23日に出社していた。在宅勤務も利用し、最後に外部の人と直接対面して取材したのは2月23日だった。

 3月28日に同じ職場にいた記者らに発熱などの症状を訴える人は出ていない。