[PR]

 厚生労働省は4日、LINEの公式アカウントで、新型コロナウイルス対策について2回目の全国調査をすると発表した。4月5、6日、全国のLINEユーザーを対象とする。

 調査は前回と同じ内容で、公式アカウントから届くメッセージに回答してもらう。例えば、体調については「普段通り」「37・5度以上の発熱」などの選択肢から回答を選ぶ。

 3月31日、4月1日に実施した1回目の調査結果の発表もした。約8300万人のうち、約2400万人が答えた。手洗いやうがいなどの予防をしている人が多い一方、密閉空間、密集場所、密接場面の「3密」を避けている人の割合は、十分でないことが浮き彫りになった。

 感染予防のためにしていることを複数回答可で聞いた。「手洗い・うがいやアルコールによる手や指の消毒をしている」が85・6%で最も多かった。次いで、「せきやくしゃみをする時は、マスク・ハンカチなどを口にあてる」74・4%、「人がたくさん集まっている場所には行かないようにしている」73・7%、「換気が悪い場所には行かないようにしている」62・0%だった。

 一方、「他の人と、近い距離での会話や発声をしないようにしている」は32・8%、「仕事はテレワークにしている」は5・6%にとどまり、「特にやっていることはない」は4・8%だった。

 結果について厚労省は、「意識や症状の有無の違いにより回答者の属性に偏りが生じていることがある」としている。例えば、予防意識が高い人ほど回答割合が高く、その影響が出ている可能性があるという。(戸田政考)