[PR]

 コンビニエンスストア大手のファミリーマートは5日、高知市春野町の「ファミリーマート春野町西分店」の店長と従業員の計3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。店舗は5日午前から休業し、消毒などを実施。再開時期は行政機関などと話し合って決めるという。

 感染したのは50代の女性店長と、70代と10代の女性従業員。3人は家族で、いずれも市内に住んでいる。PCR検査の結果、5日午前に感染がわかり、入院しているという。

 店長は3月20日~4月3日の15日間連続で勤務していたほか、70代女性は3月21日~4月1日のうちの10日間、10代女性は3月20日~4月1日のうちの7日間、勤務していた。勤務時は発熱などの症状はなく、マスクを着用していたという。

 この店のオーナーが高知市内で経営する別のファミマ1店も、5日午後から休業した。

 コンビニ業界は人手不足が深刻になっており、24時間営業の見直しも進んでいる。(中島嘉克)