[PR]

 新型コロナウイルス感染症による経済への打撃が深刻化するなか、熊本県天草市では、地元特産品を掘り起こして販売する地域商社と宿泊業者が異業種で助け合い、行き場をなくした魚類で新商品を開発し、活路を見いだそうとしている。

 発案したのは天草市で魚類の加工・販売などを手がける「株式会社クリエーション WEB PLANNING」代表で、5児を育てるシングルマザーの深川沙央里さん(38)。

 同社は2月末、豪華寝台列車など向けのクルマエビの出荷が相次ぎ中断。3月には都心部の飲食店に出荷予定のブリなどの高級魚も軒並みキャンセルに。

 父親はブリやマダイなどの養殖…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら