拡大する写真・図版集まった支援者らと喜ぶ内藤佐和子氏=2020年4月5日午後10時56分、徳島市八万町、西岡臣撮影

[PR]

 5日投開票された徳島市長選は、まちづくり団体代表の内藤佐和子氏(36)が約2千票差の接戦を制し、現職の遠藤彰良氏(64)の再選を阻んだ。先月28日に誕生日を迎えたばかりで、史上最年少での女性市長になる。支持者らに祝福されると、内藤氏は「徳島を前に進めるため、市民が決断して下さったんだと思います」と喜びを語った。

 当選が決まると、内藤氏はピンクのジャンパーに白のジーンズ姿で事務所に現れた。ジャンパーには選挙戦のキャッチフレーズ「みんなでいっしょに前へ」の文字。支持者から花束を受け取った内藤氏は「街を二分する戦いになったと思いますが、徳島を愛する心は一つ。ワンチームになってみんなで前に進んでいきたい。コロナウイルスの影響で、世界中に閉塞(へいそく)感があるが、この徳島をワクワクする徳島に作り変えていきましょう」と呼びかけた。

 県選出の自民の国会議員の支持が分かれ、保守分裂選になった。かつて徳島で三木武夫元首相派と後藤田正晴元副総理派で自民同士で激しく争った時代を引き合いに「令和の阿波戦争」と呼ぶ陣営もあった。

 内藤氏は、自民県連会長の山口俊一氏(衆院徳島2区)や福山守氏(比例四国ブロック)らの支援を受け、遠藤氏は後藤田正純氏(衆院徳島1区)や自民市議団が推した。保守分裂の背景には昨年4月の知事選で、自民県連が飯泉嘉門知事を推薦したのに対し、後藤田氏が新顔の県議を推した経緯がある。福山氏と後藤田氏は次期衆院選の徳島1区の公認を争っている。

拡大する写真・図版当選確実となり、支持者らに感謝の言葉を述べる内藤佐和子氏=2020年4月5日午後10時27分、徳島市八万町、西岡臣撮影

 内藤氏は東大法学部在学中の2…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら